2009年02月の日記

シャンブル / ユニコーン(2009)


16年ぶりの新しい楽曲ありきの復活!ファンも本人たちも昔を懐かしんでの復活とは違い、新曲第一弾シングルWAO! を聴けば、現在進行形の現役のバンドだということが十分解ります。
メンバー同士の相乗効果が十二分に発揮され、これだけ個々のメンバーのキャラが際立っているバンドも多くないと改めて思いました。
付属DVDを観ても、楽しんでやっているのがわかります。しかし、あくまで音には真摯な姿勢で、無駄な意味の無い音が無いのがカッコいいです。
歌詞カードに書かれている担当楽器を見ながら聴くのも楽しく、銅鑼とか鈴まで書いてあるのが、らしいです。
担当楽器を見て思うのが、阿部のB-3,ローズ,ムーグ等のキーボードの選択がすごく良いです。曲を活かすキーボードです。
ひまわり〜HELLO まで全15曲。新譜が出て間もないですが、次回作もすごく楽しみです。

1. ひまわり
阿部の曲だが、奥田が歌いギターを弾くことで、奥田の曲みたいに聴こえます。今集まったらどうなるか?楽しみと本人達も言っていましたが、奥田のギターと深みを増したボーカルは16年前には無かった、ユニコーンの武器だと思いました。

2. スカイハイ
ソロで確立されている奥田の世界が発揮されている曲。結果今の奥田のソロ作品に近く仕上がった曲を頭に2曲意図的に持ってきて、徐々にUNICORNの世界へ、とういうことを考えての曲順なのでは・・・と推測してみました。

3. WAO!
新曲第一弾シングルは、これしかないでしょ!の明快なRock作品。復活第一弾のボーカルが阿部なのも良いです。
サビでのライトハンドは、UNICORNならではのアイデアで、延々サビでライトハンドって、考え付いてもなかなかやらないと思います(笑)結果カッコよく仕上がるのだから流石です。手島のギターは終始エディっぽい。サビが1回なのも、らしいです。

4. ボルボレロ
EBI作品。曲,コーラスが良く、EBIの単音ピアノソロも絶妙です。

5. ザギンデビュー
奥田作品。
聴きどころは、なんといっても天才バカホーンでしょう(笑)。
ほとんどシンセの音に覆いかぶされていて、ホーンの音がよく分からないのですが、DVD観ると、ちゃんと吹いてますね。
一見無駄とも思われる作業もUNICORNらしさです。

6. キミトデカケタ
川西作品。
これ、好きです。この音の遊びがユニコーンの十八番です。

7. オッサンマーチ
手島作品。
ハードロック仕様で、この曲のイメージがジャケットの写真に繋がってるのだと思います。

8. AUTUMN LEAVES
EBI作品。曲調が暗いですが、メロディーラインは美しく、後半のアレンジが好きです。

9. 水の戯れ ~ランチャのテーマ~
EBI作品で、ボーカルは奥田。淡々と進むシンプルなアレンジが良く、川西のドラミングもカッコいいです。

10. BLACKTIGER
印象的なコーラスで始まる川西作品。ボーカルはEBIです。
曲がめちゃくちゃ良い。アレンジ,ギターのリフも良く、ギターは細かい事してます。オルガンソロも絶妙。

11. 最後の日
奥田作品のアコーデオンが印象的なUNICORN版スカ曲。ここでも天才バカホーン炸裂です。

12. R&R IS NO DEAD
阿部の渾身ボーカルR&Rナンバー。

13. サラウンド
”R&R IS NO DEAD”の後半からの音創りがビートルズっぽい。ギターソロも”Let It Be”みたいな音です。
曲が圧倒的に良い。

14. パープルピープル
川西作詞,奥田作曲作品
一番の聴き所は終盤の、ラップ?です。ここを聴かせるための創りとなってます。たぶん・・・

15. HELLO
阿部作品。今5人が集まったらどうなるか?こういう音になるんですね。
カッコいいです。全曲好きですが、これを聴くだけでも価値あります。

(※敬称略)

1. ひまわり
2. スカイハイ
3. WAO!
4. ボルボレロ
5. ザギンデビュー
6. キミトデカケタ
7. オッサンマーチ
8. AUTUMN LEAVES
9. 水の戯れ ~ランチャのテーマ~
10. BLACKTIGER
11. 最後の日
12. R&R IS NO DEAD
13. サラウンド
14. パープルピープル
15. HELLO
2009年02月22日(日)   No.179 (邦楽CD(Artist:ヤ行))

ショック!
はっぴいえんどのCDが販売中止になりました。
1枚目を購入しようと思っていたので、ショックです。理由はメンバーだった一人が大麻所持で逮捕されたからで、最初聴いたときは、音楽は関係ないじゃん。と思いました。
ですが、最近の大麻所持の逮捕者が学生などに広がっている現状を考えると、いたしかたないと思い直しました。
しかし、残念です・・・。
2009年02月20日(金)   No.178 (その他音楽ねた)

Def Tech / Def Tech(2005)


なんといっても、My Wayです。何度聴いても心地よいです。

1. Pacific Island Music
2. High on Life
3. Future Child
4. My Way
5. Quality Of life
6. Jah Live
7. Consolidation Song
8. Emergency
2009年02月18日(水)   No.177 (邦楽CD(Artist:タ行))

天邪鬼 AMANO-JACK / Char(2005)


日本3大ギタリストの一人Char。初めてちゃんと聴きました。

1. Amano-Jack
2. Piano(Japanese version)
3. Akatombo
4. Osampo2
5. Pieces of Love
6. Songs
7. Sudara-Bushi(4 Dollar Bush)
8. Sweet Thing
9. Time Out
10. F9G10
11. Bad Hangover
12. Wo Yeah!
13. Big Day
14. Mind Games
15. Guitars
16. The Old Chair
2009年02月18日(水)   No.176 (邦楽CD(Artist:タ行))

Remasters / Led Zeppelin(1992)


何年か前に出たLIVE DVDをCD屋でちょっと観たのですが、あれをちゃんと観たら、Zeppelinハマるなと思いました。カッコよかったです。
本作は音源がリマスターされた、ベスト盤的作品となってます。

Disc: 1
1. Communication Breakdown
2. Babe I'm Gonna Leave You
3. Good Times Bad Times
4. Dazed and Confused
5. Whole Lotta Love
6. Heartbreaker
7. Ramble On
8. Immigrant Song
9. Celebration Day
10. Since I've Been Loving You
11. Black Dog
12. Rock and Roll
13. The Battle of Evermore
14. Misty Mountain Hop
15. Stairway to Heaven

Disc: 2
1. The Song Remains the Same
2. The Rain Song
3. D'Yer Mak'er
4. No Quarter
5. Houses of the Holy
6. Kashmir
7. Trampled Under Foot
8. Nobody's Fault But Mine
9. Achilles Last Stand
10. All My Love
11. In the Evening
2009年02月14日(土)   No.175 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

Led Zeppelin / Led Zeppelin(1969)


40年前に1曲目の”Good times bad times”を聴いたRockフリークは衝撃だったのではないでしょうか?ヘビーな音ジミーペイジのリフ、凄いです。
20年くらい前に昔のRockを遡って聴いてる頃は、Zeppelinの凄さがあまり解りませんでした。ジミーペイジが土台を創ったRockのリフやブレイクは、様々なミュージシャンによって消化され、当たり前のように耳にしていたから、衝撃といった意味ではそんなに感じなかったからなのかなと、思います。

1. Good times bad times
2. Babe I'm gonna leave you
3. You shook me
4. Dazed and confused
5. Your time is gonna come
6. Black mountain side
7. Communication breakdown
8. I can't quit you baby
9. How many more times
2009年02月14日(土)   No.174 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

Pilgrim / Eric Clapton(1998)


全体的には落ち着いたミディアム〜スローな曲が大半で、ギターの音もクリアな音が多いです。
本作も聴けば聴くほど、じわじわと来ます。

1. My Father's Eyes
2. River of Tears
3. Pilgrim
4. Broken Hearted
5. One Chance
6. Circus
7. Goin' Down Slow
8. Fall Like Rain
9. Born in Time
10. Sick & Tired
11. Needs His Woman
12. She's Gone
13. You Were There
14. Inside of Me
2009年02月07日(土)   No.173 (洋楽CD(Artist:D,E,F))

Journeyman / Eric Clapton(1989)


フィルコリンズ,ジョージハリスン,ダリルホールと豪華参加ミュージシャンもさることながら、楽曲が良いです。もちろんギターも歌も良いです。

1. Pretending
2. Anything for Your Love
3. Bad Love
4. Running on Faith
5. Hard Times
6. Hound Dog
7. No Alibis
8. Run So Far
9. Old Love
10. Breaking Point
11. Lead Me On
12. Before You Accuse Me
2009年02月06日(金)   No.172 (洋楽CD(Artist:D,E,F))

The Cream Of Eric Clapton / Eric Clapton(1987)


世界一ストラトが似合うギタリスト。”スローハンド”クラプトン。
めちゃくちゃハマった事はないのですが、聴けば聴くほど、ギター,曲が好きになっていきます。

1. いとしのレイラ
2. バッヂ
3. アイ・フィール・フリー
4. サンシャイン・ラヴ(ライヴ)
5. クロスロード
6. ストレンジ・ブルー
7. ホワイト・ルーム
8. コカイン
9. アイ・ショット・ザ・シェリフ
10. レイ・ダウン・サリー
11. 天国への扉
12. ワンダフル・トゥナイト
13. レット・イット・グロウ
14. プロミセス
15. アフター・ミッドナイト’88(エクステンデッド・ヴァージョン)
16. テル・ザ・トゥルース・ジャム
2009年02月06日(金)   No.171 (洋楽CD(Artist:D,E,F))

You Had It Coming / Jeff Beck(2001)


髪型も体型もプレイスタイルも全然変わらないのが凄い。

1. Earthquake
2. Roy's Toy
3. Dirty Mind
4. Rollin' & Tumblin'
5. Nadia
6. Loose Cannon
7. Rosebud
8. Left Hook
9. Blackbird
10. Suspension
2009年02月03日(火)   No.170 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

Beck-Ola / The Jeff Beck Group(1969)


ロン・ウッドにロッド・スチュワートと超豪華布陣。

1. All Shook Up
2. Spanish Boots
3. Girl from Mill Valley
4. Jailhouse Rock
5. Plynth (Water Down the Drain)
6. Hangman's Knee
7. Rice Pudding
2009年02月03日(火)   No.169 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

Who Else! / Jeff Beck(1999)


”What Mama Said”で買いです。

1. What Mama Said
2. Psycho Sam
3. Brush with the Blues
4. Blast from the East
5. Space for the Papa
6. Angel (Footsteps)
7. THX138
8. Hip-Notica
9. Even Odds
10. Declan
11. Another Place
2009年02月01日(日)   No.168 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

Jeff Beck's Guitar Shop / Jeff Beck with Terry Bozzio & Tony Hymas(1989)


ジェフベック好きの人というのは聞くけど、ギターをやってて、ジェフベックをコピーしてますって人を聞かない。それほどテクニックは突き抜けているし、孤高の域に居ます。ただそれが逆に、クラプトンやジミーペイジ程メジャーなところに居ない理由ではないかと。

1. Guitar Shop
2. Savoy
3. Behind the Veil
4. Big Block
5. Where Were You
6. Stand on It
7. Day in the House
8. Two Rivers
9. Sling Shot
2009年02月01日(日)   No.167 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.42