2009年01月の日記

Get a Grip / Aerosmith(1993)


20年経っても全然パワーが落ちてないとこが凄いです。ブルージーになるでもなく、ひたすらハードロックを貫くところにカッコよさを感じます。”Eat The Rich”でやられます。”Livin' On The Edge”もいいです。

1. Intro
2. Eat The Rich
3. Get A Grip
4. Fever
5. Livin' On The Edge
6. Flesh
7. Walk On Down
8. Shut Up And Dance
9. Cryin'
10. Gotta Love It
11. Crazy
12. Line Up
13. Amazing
14. Boogie Man
2009年01月26日(月)   No.166 (洋楽CD(Artist:A,B,C))

Just Push Play / Aerosmith(2001)


日本版のボーナスに入っている、『アルマゲドン』の主題歌”ミス・ア・シング”が聴きたく、購入。
気分が盛り上がる曲(サビ)です。

1. Beyond Beautiful
2. Just Push Play
3. Jaded
4. Fly Away From Here
5. Trip Hoppin'
6. Sunshine
7. Under My Skin
8. Luv Lies
9. Outta Your Head
10. Drop Dead Gorgeous
11. Light Inside
12. Avant Garden
13. Won't Let You Down
14. I Don't Want To Miss A Thing
2009年01月26日(月)   No.165 (洋楽CD(Artist:A,B,C))

Toys in the Attic / Aerosmith(1975)


疾走感あるロックナンバー”Toys in the Attic”で始まり、バラード”You See Me Crying”で終わる聴き応えのある1枚です。
”Adam's Apple””Walk This Way”のギターリフはギター少年だったら、絶対コピーしたくなる曲です。

エアロスミスを知らなかった頃、RUN D.M.Cの”Walk This Way”ビデオクリップに出てくるスティーヴン・タイラーをミックジャガーだと思ってました。

1. Toys in the Attic
2. Uncle Salty
3. Adam's Apple
4. Walk This Way
5. Big Ten Inch Record
6. Sweet Emotion
7. No More No More
8. Round and Round
9. You See Me Crying

2009年01月24日(土)   No.164 (洋楽CD(Artist:A,B,C))

Gems / Aerosmith(1988)


見るからに悪そうな風貌に歪んだギター、ディス・イズ・ザ・ロックです。

1. Rats In The Cellar
2. Lick And A Promise
3. Chip Away The Stone
4. No Surprize
5. Mama Kin
6. Adam's Apple
7. Nobody's Fault
8. Round And Round
9. Critical Mass
10. Lord Of The Thighs
11. Jailbait
12. Train Kept A Rolin'
2009年01月24日(土)   No.163 (洋楽CD(Artist:A,B,C))

さざなみCD / スピッツ(2007)


全曲良いです。”砂漠の花”は珠玉の名曲だと思います。メロディーがすごい。
ギターも、初期の頃と比べると格段に良くなっているとます。”ルキンフォー”や”不思議”のリフは、なかなかです。”ルキンフォー”のギターはよく聴くと、細かいカッコいいフレーズが入っています。

1. 僕のギター
2. 桃
3. 群青
4. Na・de・Na・de ボーイ
5. ルキンフォー
6. 不思議
7. 点と点
8. P
9. 魔法のコトバ
10. トビウオ
11. ネズミの進化
12. 漣
13. 砂漠の花

2009年01月20日(火)   No.162 (邦楽CD(Artist:サ行))

Spitz JAMBOREE TOUR 2009 ”さざなみOTRカスタム”

お客さん全員に音が伝わらないという理由で、アリーナクラスの大きい会場ではライブを行ってなかったSpitzですが、なかなかチケットが取れないというファンの要望もあって、今回特別にアリーナクラスでのライブとなったみたいです。
その広さのおかげもあって今回チケットが取れたのですが、私自身アリーナクラスの音の悪さを何回も体験しているので、音自体はそれほど期待をしていませんでした。実際本来の楽器の音ではなかったですが、あまりそれを感じさせない素晴らしいライブでした。
元々カミさんが全てのアルバムを所有する程のSpitzファンで、その影響で聴くようになっての今回の参戦でしたが、これほどのライブバンドとは知りませんでした。演奏が上手い。大きな会場だからといって、派手な演出もなく、シンプルなステージセットも、演奏を聴く事に集中できて良かったす。
”メモリーズ・カスタム”などのロックな曲も良かったし、本人たちも言っていたゆるい路線の”恋のうた”も良かったし、”スパイダー””ロビンソン”などのヒット曲もあらためてライブで聴くと感動しました。
なかでも”砂漠の花””P”は本当に引き込まれました。手拍子をするでもなく、ただただ聞き入ってしまいました。草野マサムネの歌の上手さ,声はSpitzの唯一無二のSpitzの武器です。良いライブでした。
2009年01月18日(日)   No.161 (Liveレポート)

SICKS / THE YELLOW MONKEY(1997)

アルバムSMILEと比較すると音が格段に重くなっています。
中でも”レインボウ・マン””楽園”が好きです。

1. レインボウ・マン
2. アイ・キャン・ビー・シット,ママ
3. 楽園
4. TVのシンガー
5. 紫の空
6. 薬局へ行こうよ
7. 天国旅行
8. 創生児
9. HOTEL宇宙船
10. 花吹雪
11. 淡い心だって言ってたよ
12. 見てないようで見てる
13. 人生の終わり~フォー・グランドマザー
2009年01月14日(水)   No.160 (邦楽CD(Artist:ア行))

TRIAD YEARS ACT1 / THE YELLOW MONKEY(1996)

吉井和哉の創るメロディーラインも好きですが、ボーカリストとしても大好きです。

1. ラヴ・コミュニケーション
2. ロック・スター
3. ラヴ・イズ・ズーフィリア
4. スパーク
5. 嘆くなり我が夜のファンタジー
6. チェルシー・ガール
7. ファザー
8. イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
9. サブジェクティヴ・レイト・ショウ
10. 赤裸々ゴー!ゴー!ゴー!
11. フォー・シーズンズ
12. サック・オブ・ライフ~オリジナル・ヴァージョン
13. 空の青と本当の気持ち
14. ジャム
15. アバンギャルドで行こうよ
2009年01月14日(水)   No.159 (邦楽CD(Artist:ア行))

SMILE / THE YELLOW MONKEY(1995)

THE YELLOW MONKEYは歌謡曲の匂いが、ふんだんにします。
日本には色々なジャンルの音楽があり、日本で生活していれば当然歌謡曲も耳に入ってくるし、特に幼少期に聴いたであろう歌謡曲の情報は絶対蓄積されているはずです。ロックの場合歌謡曲のテイストを出す事はカッコ悪いこととされがちですが、イエモンは隠さず出すところがカッコいいし、オリジナリティーになっています。

1. Smile
2. マリーにくちづけ
3. Love Communication
4. サイケデリック・ブルー
5. See-Saw Girl
6. 争いの街
7. エデンの夜に
8. イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
9. ヴィーナスの花
10. “I”
11. Hard Rain
12. 嘆くなり我が夜のFantasy
13. 熱帯夜
2009年01月14日(水)   No.158 (邦楽CD(Artist:ア行))

Stones and Eggs / 佐野元春(1999)

本作もホーボー・キング・バンドが脇を固めていますます。

1. GO4
2. C’mon
3. 驚くに値しない
4. 君を失いそうさ
5. メッセージ
6. だいじょうぶ,と彼女は言った
7. エンジェル・フライ
8. 石と卵
9. シーズンズ
10. GO4 Impact
2009年01月10日(土)   No.157 (邦楽CD(Artist:サ行))

フルーツ / 佐野元春(1996)

”アンジェリーナ””ヤングブラッズ”の頃聴いていましたが、バンドの豪華さもあり、
久々聴きたくなり購入。ドラムに小田原豊,ギター窪田晴男etc実力者が揃ってます。
佐野元春がギター持って歌うだけでRockなんです。

1. インターナショナル・ホーボー・キング
2. 楽しい時
3. 恋人達の曳航
4. 僕にできることは
5. 天国に続く芝生の丘
6. 夏のピースハウスにて
7. ヤァ!ソウルボーイ
8. すべてうまくはいかなくても
9. 水上バスに乗って
10. 言葉にならない
11. 十代の潜水生活
12. メリーゴーランド
13. 経験の唄
14. 太陽だけがみえている~子供たちは大丈夫
15. 霧の中のダライラマ
16. そこにいてくれてありがとう~R.D.レインに捧ぐ
17. フルーツ~夏が来るまでには
2009年01月10日(土)   No.156 (邦楽CD(Artist:サ行))

Greatest Hits Vol. 1-2 / Billy Joel(1998)


ビリージョエルで一番聴いたのは、高校生だった頃ヒットしたイノセント・マンですね。
曲だと”ピアノマン”ですかね。ピアノのフレーズが好きです。

ディスク:1
1. Piano Man
2. Captain Jack
3. Entertainer
4. Say Goodbye to Hollywood
5. New York State of Mind
6. Stranger
7. Scenes from an Italian Restaurant
8. Just the Way You Are
9. Movin' out (Anthony's Song)
10. Only the Good Die Young
11. She's Always a Woman

ディスク:2
1. My Life
2. Big Shot
3. You May Be Right
4. It's Still Rock And Roll To Me
5. Don't Ask Me Why
6. She's Got A Way
7. Pressure
8. Allentown
9. Goodnight Saigon
10. Tell Her About It
11. Uptown Girl
12. The Longest Time
13. You're Only Human (Second Wind)
14. The Night Is Still Young
2009年01月07日(水)   No.155 (洋楽CD(Artist:A,B,C))

ザ・エイティーズ / オムニバス(2002)

80's。懐かしさ満点です。
”君はtoo shy”:ベースラインがいいです。
”ロンリー・ハート”:出しの音でやられました。
”シャウト”:ギターソロが難しい事全然やってないんだけど、フレーズでこんなにかっこよくもなるんだなという見本です。

ディスク:1
1. テイク・オン・ミー / a-ha
2. ホリデイ / マドンナ
3. 堕ちた天使(センターフォールド) / J・ガイルズ・バンド
4. ふたりのイエスタディ / ストロベリー・スウィッチブレイド
5. ヘブン・イズ・ア・プレイス・オン・アース / ベリンダ・カーライル
6. 君は完璧さ / カルチャー・クラブ
7. リラックス / フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
8. レッツ・ダンス / デヴィッド・ボウイ
9. インヴィジブル・タッチ / ジェネシス
10. シー・ドライヴス・ミー・クレイジー / ファイン・ヤング・カニバルズ
11. ヴィーナス / バナナラマ
12. ドント・ゲット・ミー・ローング / プリテンダーズ
13. モダン・ガール / シーナ・イーストン
14. エレクトリック・ユース / デビー・ギブソン
15. トゥー・オブ・ハーツ / ステーシーQ
16. ギヴ・ユー・アップ / リック・アストリー
17. 君はtoo shy / カジャグーグー
18. 愛の残り火 / ヒューマン・リーグ
19. スイート・ドリームス / ユーリズミックス
20. トゥルー / スパンダー・バレエ

ディスク:2
1. スターティング・オーヴァー / ジョン・レノン
2. プリーズ・テル・ミー・ナウ / デュラン・デュラン
3. ハート・オブ・ロックン・ロール / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
4. レッツ・ゴー・クレイジー / プリンス
5. ユー・マイト・シンク / カーズ
6. ロンリー・ハート / イエス
7. スレッジハンマー / ピーター・ガブリエル
8. ウィ・ガット・ザ・ビート / go-go's
9. グラマラス・ライフ / シーラ・E
10. フィール・フォー・ユー / チャカ・カーン
11. キッズ・イン・アメリカ / キム・ワイルド
12. グロリア / ローラ・ブラニガン
13. シティ・イン・シティ / マッドネス
14. ニュー・ソング / ハワード・ジョーンズ
15. ロック・ミー・アマデウス / ファルコ
16. シャウト / ティアーズ・フォー・フィアーズ
17. 恋におぼれて / ロバート・パーマー
18. ドント・ユー / シンプル・マインズ
19. リーン・オン・ミー / クラブ・ヌーヴォー
2009年01月07日(水)   No.154 (洋楽CD(Artist:D,E,F))

The John Lennon Collection / John Lennon(1982)

ジョンのピアノの音色が好きです。

Love&Peace!

1. Give Peace a Chance
2. Instant Karma!
3. Power to the People
4. Whatever Gets You Thru the Night
5. #9 Dream
6. Mind Games
7. Love
8. Happy Xmas (War Is Over)
9. Imagine
10. Jealous Guy
11. Stand by Me
12. (Just Like) Starting Over
13. Woman
14. I'm Losing You
15. Beautiful Boy (Darling Boy)
16. Watching the Wheels
17. Dear Yoko
18. Move Over Ms. L.
19. Cold Turkey
2009年01月05日(月)   No.153 (洋楽CD(Artist:J,K,L))

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.42